>

贈るとすれば相手の家族構成などを考える

上司や目上の人に贈る場合

職場の上司に贈る場合、その上司の家族構成や好みなど、徹底的に把握しておく必要があります。
ある程度年齢のいった方であれば、持病などの普段の健康状態も把握しておいたほうが良いでしょう。
何か贈ろうと思い立ってから、直接好みを聞くよりも、普段の当たり障りのない会話で少しずつ情報を仕入れておいたほうが良いと思います。
話しやすい上司であれば、普段からのコミュニケーションは取りやすいかと思いますが、話しかけづらい上司だと難しいですよね。
そのような上司には、お取り寄せなどしないで、無難に焼き菓子などを近くのデパ地下で購入したほうが良いでしょう。
親戚など目上の方に贈る場合は、お菓子なら有名店のものや有名パティシエが作ったものなどをお取り寄せすると良いですし、お酒好きな方にはおつまみ系のものが喜ばれるのではないでしょうか。

友人や後輩などに贈る場合

友人に贈る場合はある程度好みも把握していると思いますので、その好みの範疇で、少し珍しいものを贈ると喜ばれそうです。
ご当地グルメなど、美味しいけれどそれほど高級でもないもの、というのも気を遣わずに済むのでお勧めだと思います。
話のネタにもなるので喜ばれるのではないでしょうか。
それを手土産に遊びに行って、一緒に食べるというのも楽しそうですね。
大学や高校の後輩など、昔懐かしい仲間には、当時の思い出が蘇るようなお取り寄せグルメがあれば、お礼の時など、昔話に華が咲きそうです。
一人暮らしをしている友人なら、保存がききそうなものか、湯煎で簡単に食べられるものなどが喜ばれると思います。
万が一好みに合わなかったとしても、それくらいで気まずくなることも無いと思いますので、良さそうだなと思われたものを贈ると良いのではないでしょうか。


この記事をシェアする