>

既婚者なら主婦目線でほぼ間違いなし

主婦目線で選んでみよう

ご主人の職場の上司に贈る場合も、親戚に贈る場合も、大抵がご家族で住まわれていると思いますので、台所を預かっている人物がいるはずです。
つまり主婦であるあなたと同じような考えでいる方が多いということになります。
もちろん好みはありますが、主婦の立場で選んでみると、喜ばれることも多いのではないでしょうか。
例えば、切る手間を考えて、ホールケーキよりもカット済みのケーキ、自然解凍で○時間という具体的な表示のある冷凍物など、手間なく食卓に出せそうなものは、忙しい主婦には助かります。
自分だったらこれをもらったらどう感じるか、ということを考えながら選ぶと、自ずと贈り物も決まってくるのではないでしょうか。
贈り物は相手の立場を考えて選ぶのが第一です。

自分では買わないがもらって嬉しいもの

意外と喜ばれるのが、調味料系ではないかと思います。
卵かけご飯用のお醤油や牡蠣醤油など、自分では積極的に買う気はしないけれどあったら嬉しい調味料は、貰えると嬉しいものではないかと思います。
料理のレシピで時々登場する程度の調味料は、他のもので代用できますが、実際それを使ったらどういう味になるのか、興味がある方は多いのではないでしょうか。
本場でとれたエビを乾燥させたものや干し椎茸などは、保存もききますし、料理のコクも変わるので重宝されると思います。
普段自分で購入するにはお値段も高く、高いゆえにあまり多くは使いづらく結局使わずに捨ててしまうこともあるような調味料は、貰い物なら遠慮なく使えますし、おかずのバリエーションも増えるので、主婦にとっては嬉しい贈り物だと思います。


この記事をシェアする